●New arrivals! 英国 鉄道のピンバッジやポストカード


買い付けの際お世話になる、英国に張り巡らせてある鉄道たち。


c0360867_19262772.jpg
高速鉄道から、のんび〜りローカル線まで。


未だに乗り換えや、料金、チケットを購入するタイミング、

ダイヤなどなど乗りこなすには謎だらけの部分は多々あります…。


c0360867_20435311.jpg
車内販売はもちろんミルクティーも♪


ローカル線であればあるほど、

車掌さんや駅員さんが親切でフレンドリーなような。






全く鉄道や車両に関しては詳しくないので

今までも買い付けは蒸気機関車に関する昔の本など数冊…。





c0360867_19283618.jpg



今回は、エナメルのヴィンテージバッジが目に留まりましたので、

いくつかご紹介しますね。






全くない知識の私でも、かろうじて知っている、

ロンドン、スコットランドを結んでいた

フライング スコットマン☟。

c0360867_19305680.jpg

グリーンのボディがエナメルで。

でも同じ名前でも、色んな車体があるようです…。




赤いエナメルの車体は、ダッチェス オブ サザーランド。

名前がすごい…と思ったら、


c0360867_19312492.jpg


チャーチル首相の名前が付いた汽車もあったとは☆☟


c0360867_19442062.jpg


いずれも1900年代初めから半ば位に活躍した、

蒸気機関車だそうです。

c0360867_19302124.jpg

そして、イングランド、デヴォン州を走る、

ダートムーアレイルウェイの会員バッジも。


c0360867_19311075.jpg

胸にこのバッジを付けた方々が集合して、

汽車を取り巻いている姿を勝手に妄想してしまいます…。


バッジ4点は、サイトで詳細をご紹介しています。


サザンレイルウェイを走っていた機関車の

ヴィンテージのポストカードも2枚だけですが、店頭に。

お好きな方に見つけていただけると嬉しいです。


c0360867_19291377.jpg





鉄道発祥の地、今までどれだけの車両が現れては、

現役を終えて行ったのでしょうか。


鉄道の世界、深みにはまると怖い気もしますが、

きっときっかけがあったら、ドップリはまりそうな気もします。








c0360867_19544468.jpg
キングスクロス駅。

毎回、鬼のような数の電光掲示板から自分乗る列車のホームを探します。

c0360867_19551482.jpg











[PR]
by piskeyvintage | 2016-04-30 19:29 | ●New arrivals! ふるいもの | Comments(0)