●英国アンティークのクリスマスカード&「ピーターラビット展」

c0360867_18432082.jpg

今月のはじめに出掛けた、福岡県立美術館の
「ピーターラビット展」。



数々の原画や、ベアトリクス・ポターの私物など
目と心惹かれるものたくさんの展示でした。

一番おおおっ!と思ったのは、最後の方に展示されてあった
ポターさんがまだ絵本を出版する以前に
イラストを採用されたポストカード3点。

1890年の作品でしたが、いずれもHildsheimer & Faulkner Co/
ヒルデスハイマ-&フォークナー社のカード。


今までにPISKEY VINTAGEも英国で出会ったことのある
カード会社のものでした。


c0360867_18435728.jpg

お店のこちらの猫ちゃん2点も。
c0360867_18442369.jpg

時代も1890年代で、
ポターのカードにも、作者ポターの名前はなく、
お店のカードにも会社の名前とPrinted Germanyとポターのカードと
同じ記載が。


買い付けている昔のカードたち、もしかしたら後年名を馳せた
挿絵画家たちの手によるものなのかもしれない…と思い、
わくわくする発見でした。


みなさんがお手持ちのカードも、もしかしたら…♪。


ヴィクトリア時代から競ってさまざまな画家のカードを
作っていたカード会社、挿絵画家の新人さんたちの
登竜門だったのかもしれませんね。



「ピーターラビット展」で、ピーターラビットのイラストの
1929年製のアルマナック/暦の原画もありました。

1920年代から、ケイト・グリーナウェイのイラストで
人気に火が付いたカレンダー。

ピーターラビットのイラストも人気だったようです。


私も英国で一点出会ったのが…

c0360867_18444550.jpg

7cm×6cmほどの小さな小さなグリーティングカード。

中を開けると…。

c0360867_18451379.jpg

1937年のカレンダーが。

当時の英国の郵便の料金表や、イングランド、ウェールズ、アイルランド、
スコットランドそれぞれの祝日などのミニ情報も記載されています。

月ごとのカレンダーの下段には、ディケンズ、エマーソン、キングスレーなどの
著名人の言葉も添えられています。


c0360867_18455594.jpg

当時の流行を反映したクリスマスカード、

受け取った人は

デスクに立てて飾っていたのかもしれません。


c0360867_18465664.jpg

中のサインやメッセージにも
あたたかい気持ちが手に取って伝わってきます。



c0360867_15240312.jpg

クリスマス市のご案内に使用していた、

レイシー・ヘルプス画のうさぎ。

c0360867_18463287.jpg


c0360867_18494886.jpg


ヤドリギに妖精、ロビン、ヒイラギ、

c0360867_19335775.jpg

クリスマスモチーフもいろいろです。



今年もいろんなデザインのアンティーク&ヴィンテージカードが
旅立って行きました。

会社のデスクの透明シートに挟みます!と仰られたお客さまや、
額装してくださったり、プレゼントにと
選んでいただきありがとうございます。


お手元のアンティークカードがあたたかな気持ちを運んでくれますように。



c0360867_18483547.jpg


木製のピンチにリボンを付けて、カードをクリスマスリースや

クリスマスツリーに下げたりしても♪。




c0360867_18472462.jpg



今夜はクリスマス・イブ。

どうぞ暖かく楽しい夜になりますように。











◇年末年始の営業◇

年末は29日(木)17時まで営業いたします。
12/30(金)~1/2(月)お休み
1/3(火)12:00~18:00 OPEN
1/4(水)より通常営業 11:00-19:00予定です。
※2017年1月・2月は通常11:00-20:00の営業を
11:00-19:00までの営業時間に変更いたします。



[PR]
by piskeyvintage | 2016-12-24 19:41 | ●店内フェア | Comments(0)